スマートフォン版はこちら
 

 

加圧式リフトアップターバンの

作用と理由

 

頬のたるみたるんだ皮膚の引締め

 
加圧式リフトアップターバンはお顔周りに狙いを絞り、
安全を守りながら三段階の負荷をかけることでお顔全体を引き締めます。
 
お顔が立体的に1ミリ引き締めることができるとほうれい線は驚くほど目立たなくなります。
たった1ミリと思われるかもしれませんがほうれい線の多くは1ミリ未満の溝だからです。
また加圧を解いた後に血行が良くなります。
代謝が下がり古い角質がたまり、ほうれい線・たるみが目立つ顔面にとって
加圧式リフトアップターバンは最適なエイジンググッズと言えます。
 
メスや注射器に頼らない美顔法にリバウンドはありません。 
 
 

側頭骨の隙間を引締めるリフトアップエイジング法

 
 余り知られていませんが頭蓋骨は15種23個の骨が組み合ってできており、
そのつなぎ目は数ミリ単位で動きます。徐々に下がってズレた骨はそのまま固まり易くなるので、
当然顔面もそれに伴い下がって行きます。これもリフトダウンの原因の一つです。
若々しい見た目をキープするためには顔面の土台である頭蓋骨を日々リセットする締め上げ力が必要です。
 
    
 
 
以下の画像の動作は、深く側頭筋にアプローチして側頭骨の凹凸を均し頭蓋を引締める作用があります。
一度でも整体を受けた方はお分かりだと思いますが骨は動かすことができるのです。
サロンで側頭にアプローチするマッサージやエステを受けた直後、
若くなったような気がするのは気のせいではないのです。
 
・・・・でも瞬間では仕方ないですよね?
 
その働きは継続してこそ意味があるものとなります。
加圧式リフトアップターバンはプロの手加減を自宅で再現するためベテラン美容師の監修のもとに開発されました。特許庁での実案技術評価で 2013/6 、六段階中最高ランク【6】=特許と認定された発明です。(出願2005年)
技術背景には継続使用することでお肌に良い作用が見込めることが明記されています。
 
 

高価な化粧品を使うことだけで満足していませんか

  
安い化粧品の利点を生かす美容法
   
もう一つ、加圧式リフトアップターバンを使った際の特徴です。
加圧式リフトアップターバンを使用していると高価な化粧品は必要なくなって行きます。
なぜなら加圧作用で肌のコンディション整ったが毛穴には有用成分の浸透率が高くなりますので、
基礎化粧品の成分がしっかり浸透するためです。
ですから、加圧式リフトアップターバンを使用すると安い化粧品でも十分ほうれい線たるみケアが行えます。
ちなみに、当DearStep divisionがお客様に推奨していますのは下記二点のみ。
 
      ①約一か月1100円のアーモンドオイル                          ②半月~1ヶ月約1500円の美容液シートマスク
 
                                                      この二点。本当にこれだけです。
 
高価な化粧品をお使いの方は信じがたいかも知れませんが・・・・
化粧品は高いから良いとも言えず、安いから悪いというものではありません。
安いから粗悪であるという考えは間違っています。
 
要は「用い方」なのです。
 
加圧式リフトアップターバンは、安い化粧品を効率的にサポートする事ができるアイテムとしても優秀です。
なぜなら、装着することによってしっかりと毛穴が開き、
より深くスキンケア成分を浸透させることができるからです。
これができれば、実は安い化粧品の”必要最低限の成分”がお肌に一番負担がかかりません。
一方、汚れで詰まったお肌に高価な化粧品を使っても浸透する事なく蒸発したり、
高価な化粧品に含まれる様々な成分がお肌の表面に残ってしまいます。
俗に高価な化粧品に”あたる”と表現されるのはこのためです。
高額化粧品には様々な成分が入っていてお肌が良くなりそうですが、
その中の一つでも体質に合わないとかぶれたりトラブルの元になってしまいます。
  

 毛穴汚れをスッキリお肌の活性化

 
 
また、リフトアップターバンを用いて洗顔すると程よく引き上げられ開いた毛穴から汚れが良く落ちます。
汚れが落ちた毛穴はキュッと目立たなくりしっとりして来ます。
結果的に顔全体も引き締まり、これも重要な《ほうれい線・たるみ対策》です。
 
  ”未来のお顔”を、”今のお手入れ”が作っています。
 
 あなたは、今までのお手入れは間違っていないと胸を張ることができますか?
 
 
 
 
 

 
           
 
 
 このHPを