スマートフォン版はこちら
 

 お肌の原点回帰 お肌を本気で良くしたい人が今すぐやるべき三つのこと

 
リフトアップターバン開発者の美容師・柳沢知枝子と申します。
私はこれまでの美容経験から身を以て多くのことを学んで参りました。
 
今日は化粧品業界の【負のスパイラル】について、
そして本気でお肌を良くするために必要なことを率直に書かせて頂きたいと思います。
少々長めの記事となりますが・・・
お読みくださった方に必ず何かしらの”気付き”があることを信じて書き進めて参りますので、
お時間の許す際に最後までお読みいただければ幸いでございます。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
                                                                                  

化粧品がどんどん増えたり高額になり、何が合っているのかわからない

 
若いころはお肌の悩み知らずだったという方も、30歳の後半あたりから、
クレンジング用品、化粧水、美容液、乳液、クリーム、美白、パック、
リンクル・ハリツヤ用品などなど・・・
ざっと数えるだけでスキンケアに5~6種類の化粧品を使うようになりますよね。
それは種類だけでなく、美容部員さんに勧められるまま高額ラインへと進んでいく
傾向にあり、一か月にスキンケアに使うお金が家賃並みになってしまっている、
という方も珍しくありません。
今よりお肌が後退することが怖くて投資し続けている・・・
私のサロンのお客様の声で、スキンケアに対して最も多いお悩みがこれでした。
 
私はサロンワークを通じ多くのサンプル品に触れることでいつからか、
化粧品業界のには暗黙の掟があることに気づいていました。
今ではその暗黙の掟を【負のスパイラル】と呼び、
ご縁のあるエステサロン様などではよくお話しをさせて頂いております。
 

誰も言わないだけ。化粧品業界の負のスパイラルとは?

 
ところで皆様は、5千円の化粧水の【原料費】は何円かご存知ですか?
例えば化粧水の原料の平均は、せいぜい二百円前後だと言われています。
なぜ、原価二百円のものが高い金額に跳ね上がるのでしょう?
ご承知の方も多いことと思いますが、それは宣伝・コマーシャル・プロモーション費、
容器費、研究開発費、そしてブランド費などが加算されているからです。
 
特定の成分配合の場合にはその研究開発費が加算されるのは仕方ないかもしれませんが、
【価格が高い=良い化粧品】という私たち消費者の心理も利用されています。
 
スキンケア化粧品を選ぶとき、その化粧品のイメージだけで買ってはいませんか?
                             
 
 
 
 
 
 
 
年齢を重ねるほど高額化粧品が売れるという事実に私は疑問を感じ続けて来ました。
本当に高額化粧品が必要なのでしょうか?
それって本当にお肌に作用しているのでしょうか?
 
私は、ほとんどの女性が当たり前に使わされているジェル、オイル、ミルクなどの
「クレンジング専用製品」これこそがお肌の機能を下げている一番大きな要素である、
ということを断言します。
界面活性剤には様々なタイプかあることは承知していますが、
「これは安全」だとするメーカーや製品を売りたい美容家の方の説明は机上の物であり、
その根拠は、長年の利用の結果としては未だ明らかになっていません。。。
 
 
水と油を瞬時に混ぜる合成界面活性剤はお肌から水分や油分を奪い、
乾燥させ、しみ、しわ、たるみ、ほうれい線、その他のトラブルを引き起こす元凶です。
 
特に、パッとメイクを落とす「クレンジング専用製品」には、
その傾向の強い合成界面活性剤がたくさん含まれているものが多いのです。
               
               

では、どうして化粧品市場からクレンジング剤が無くならないのでしようか?

 
・・・答えは簡単です。
それでお客様のお肌が良くなってしまったら、
美容液や保湿クリームが売れなくなってしまうからです。
 
私はサロンワークを通じて様々な化粧品サンプルに接するうちこの事実を肌で感じて
クレンジング剤の使用を30代半ばで中止しました。
 
その後、元大手化粧品会社の研究員の方からそれが英断であったという言葉を頂いて、
私の不安が確信に変わりました。
でも、大きな化粧品会社はどこも声高にそのことを言いません。
これが、私が化粧品業界には【負のスパイラル】が存在するという所以です。
 
 

化粧品は、安いから悪く、高いから良い、と言う物ではありません

 
私は、年齢が行くほど免疫が低くなりアレルギーに罹りやすいことを考慮しても、
30代後半からのスキンケアには、必要最低限の成分からできている【安い化粧品】
の方が合っていると思います。
 
化粧品は高いから良く安いから悪いと言えません。
要は『使い方』なのです。
本当にお肌をよくしたいと考えるなら、高額化粧品に依存するのではなく、
まずは界面活性剤を大量に含む「クレンジング専用製品」を
今日からでも止めて頂きたいです。
 
でも、今までお肌に良いと信じて使って来られた化粧品を、急に止めろと言われても、
「じゃあどうお手入れしたら良いの?? 」と不安になりますよね。。。
わたしのサロンのお客様からもそういったお声が多く上がりました。
そのご不安はもっともだと思いました。
そこで、そのお気持ちを理解した上で、私がお客様方にご提案してきたのが、
お肌の原点回帰を図る【美肌セット】です。
 
 
今、あれこれ使いすぎて何が何だか分からなくなっている方や、
スキンケアそのものにお悩みの方は一度は試してみる価値のあるものだと自負しております。
事実、このセットでお肌のお悩みから解放されたお客様が大勢いらっしゃいます。
 

 美容師がお客様のために考えた美肌セット  お肌の原点回帰

   
まず、大前提として強い合成界面活性剤をお肌に近づけない!!
 
クレンジング剤の使用を今すぐにも止めて、
毛穴を開くディープ洗顔、ほうれい線・たるみのケアをしながら
お肌にしっかりと給水したらどうなるか?
まず、美肌セットでお肌の原点回帰を1か月続けてみて、
「どうしてもここが足りない」ということが出てきたら、
そのことにだけアイテムを追加すればよいのです。
 
 
本当に必要な物を知り、余計な物は断じて付けない。
これがお肌の原点回帰です。
それを試すことが、これから先の10年、20年後の
お客様のお肌を育てる=【育肌】となります。     
 
     皆様のお肌のリスタート。そのお手伝いができれば幸いです。